ACLの完全中止の可能性にも言及。「東京五輪の延期でAFCも慎重」とKリーグ関係者

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの直撃を受けたアジアサッカー連盟(AFC)が、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の再開時期を検討したものの、2020東京五輪の延期とあいまって慎重論に重きを置いている。

AFCは今年2月、新型コロナウイルスに揺れた中国クラブが属する4試合だけを4月から5月に延期したが、3月から世界的に新型コロナの影響が大きくなったため、グループリーグの第3~第6ラウンドの日程を5月以降に延期した。

【写真】「人気アイドルに似ている」と話題のKリーグ屈指の“美女チアリーダー”とは!

しかし事態がなかなか静まらない上、国別で感染差が大きく、日程調整に苦労している。

韓国、中国、日本を中心とする東アジア諸国は、5月のリーグ再開または開幕を考慮しているが、選手の相次ぐ陽性判定が出て揺らいでいる。

中東諸国で構成された西アジアでは、新型コロナウイルス拡散の勢いがピークに達している。

欧州サッカー連盟(UEFA)がUEFAチャンピオンズリーグとUEFAヨーロッパリーグなど欧州クラブ対抗戦を無期限延期したように、AFCも今すぐ日程調整をするのは容易ではなさそうだ。

しかも、東京五輪が1年延期されたことが決定的だ。

「リーグが止まった。もう収入がない」と嘆くクラブ代表も

感染の憂慮はさておき、外国人の入国制限措置など、国ごとに対応方式が異なることも、調整が難しい点だ。

最近は日本のJリーグ・ヴィッセル神戸の酒井高徳が陽性判定を受けたが、それだけではない。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集