レンジャーズのチュ・シンス、ホームへのヘッドスライディングで右手負傷…長期離脱は回避

2020年09月08日 スポーツ一般 #MLB #野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

テキサス・レンジャーズのチュ・シンス(38)が負傷交代を余儀なくされた。

【写真】メジャーリーガーの妻も!韓国の美女アナウンサー10人

Internal Server Error

チュ・シンスは1回表の初打席で真ん中のボールをとらえるもセンターフライに打ち取られたが、第2打席では外角高めをセンター前に運び、初安打を記録していた。

だが、同回の間に思わぬアクシデントがチュ・シンスを襲った。

二死の場面で一塁にいたチュ・シンスは、5番ジョイ・ガロ(26)の二塁打から一気にホームインし、チームの2点目を記録した。

その際、ヘッドスライディングをした過程で右手を痛めてしまったのだ。

(写真提供=AP/アフロ)チュ・シンスのヘッドスライディングの場面

ホームイン直後、打席のそばでゆがんだ表情を見せたチュ・シンスのもとにトレーナーが駆け付けた。そして、同回で交代されることとなった。

『MLB.com』をはじめとする現地メディアによると、チュ・シンスは右手の捻挫したという。レントゲン検査の結果、幸いにも大怪我は免れたようだ。

負傷でベンチに下がったチュ・シンスに代えてエリ・ホワイト(26)を指名打者に送り出したレンジャーズは、最終的にマーリンズに4-8で敗れた。レンジャーズは去る9月3日のヒューストン・アストロズ戦から6連敗と、ここ最近は苦戦を強いられている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集