韓国A代表と戦うU-23代表、監督が善戦誓う「“兄より優れた弟はいない”という言葉もあるが…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-23韓国代表率いるキム・ハクボム監督が、A代表との直接対決での善戦を誓った。

【注目】元Jリーガーも!10月に行われる韓国A代表vsU-23代表の招集メンバー

来る10月9日と12日、高陽総合運動場で韓国A代表対U-23代表によるスペシャルマッチ「2020ハナ銀行カップ」が行われる。

この「2020ハナ銀行カップ」は、新型コロナウイルス感染症の影響で他国との代表戦が行えない状況で、代表チームの実戦感覚を維持するために実現されたイベントマッチである。

試合を控え、韓国代表ベント監督とU-23代表キム・ハクボム監督は9月28日、高陽総合運動場で招集メンバーを発表した。国内組で構成された今回のU-23代表は以下の通り。

ベント監督(左)とキム・ハクボム監督

GK:ソン・ボムグン、アン・チャンギ、イ・グァンヨン

DF:カン・ユンソン、キム・ジェウ、キム・ジンヤ、キム・テヒョン、ユン・ジョンギュ、イ・サンミン、イ・ユヒョン、チョン・テウク

MF:キム・ドンヒョン、メン・ソンウン、イ・スンモ、チョン・スンウォン、ハン・ジョンウ、ハン・チャンヒ

FW:キム・デウォン、ソン・ミンギュ、オム・ウォンサン、オ・セフン、チョ・ギュソン、チョ・ヨンウク

U-23代表に招集する23人を発表したキム監督は、「あまりに久しぶりに挨拶をする。散髪にも行ってさっぱりしてきた。“兄より優れた弟はいない”という言葉もあるが、弟も大丈夫だという姿をお見せしたい」とコメントした。

続けて、「私の記憶では、1988年ソウル五輪前にA代表とオリンピック代表が対戦した。それから30年余りが過ぎ、再びこのような場が設けられた。代表戦へののどの渇きもあったと思うが、無観客の中でも解消できるパフォーマンスをお見せしたい。新型コロナに苦しんだ皆さまのストレスを解消できる試合を披露したい」と、覚悟を誓った。

以下、キム監督との一問一答。

―A代表に招集された3人(ウォン・ドゥジェ、イ・ドンギョン、イ・ドンジュン)のことが残念に思われるが。

実は、私も監督としてどの選手とも一緒にいたい気持ちは大きい。しかし、私は我々のチームの選手をA代表に送る役割をしなければならない。全員昇格させても良かったが、そうすると試合が面白くなくなると思い、3人だけA代表に送った。

(彼らは)我々のチームの核となる選手だが、A代表でも上手くいくことができれば、我々にとってもプラスになるだろう。A代表に呼ばれなかったU-23選手たちには、(実力を)グラウンドで見せてほしい。

―結果を予想するならば。

結果は誰にもわからない。A代表が優位に立っていることは事実だが、ボールがどこに飛ぶかはわからない。変数を生み出そうとする意志は強い。

―FWソン・ミンギュ(21・浦項スティーラース)を抜てきした理由は。

各世代別代表に選ばれた経験のない選手だ。浦項スティーラースで定位置を確保しつつあり、それに見合った実力を披露してくれている。あらゆる試合を観察し、良い姿を多く発見した。そのポジションには欠かせない選手だ。若手ながらとても大胆で、招集して必ず会ってみたいと思った。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)ソン・ミンギュ

―所属チームで出場機会を得られていない選手もいるので、心配が多そうだ。

Internal Server Error

―オリンピックが延期された。

延期になったことで大変な点が多い。計画に従って日程を組んだが、すべて白紙となった。今は状況がどう変わるかわからない。どのチームも同じだ。我々は我々なりに、上手く備えようとしている。点検を怠らず、答えを出せるようにしたい。

選手の運営も同じだ。我々は年齢制限があり、海外でプレーする選手もいる。そのような選手たちを中継だけでチェックすることは困難だ。その部分を解消する方法を研究しなければならない。国内はプールが決まっており、新たな選手が上がってきたらアップデートして管理すればよい。機会さえ提供すれば、簡単に解決することができる。

―GKイ・グァンヨン(21・大邱FC)抜てきの背景は?

イ・グァンヨンはU-20ワールドカップで全試合に出場した。調子のムラはあるが、出場機会を着実に得ている。チャンスを提供したい。十分、その能力がある選手だと思っている。

イ・グァンヨン(写真は2019シーズン)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集