ナ・サンホら海外組の復帰、“01”世代の台頭…2020シーズンの韓国Kリーグを沸かせた選手は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外組が続々と復帰し、2001年生まれの選手がセンセーショナルなデビューを果たした。

【注目】久保建英そっくり?と話題の韓国代表選手

新型コロナウイルス感染症の世界的拡大は、リーグの縮小運営や無観客試合を招き、さらには海外組の復帰も促進させた。

その中心には、韓国代表やプレミアリーグで活躍したイ・チョンヨン(32・蔚山現代)とキ・ソンヨン(31・FCソウル)がいた。

欧州組やJリーグ組が韓国復帰

イ・チョンヨンとキ・ソンヨンは今シーズン、ともにFCソウルから欧州へ渡った2009年以来、11年ぶりにKリーグへ帰還。お互い異なるユニホームを着ることになったが、国内サッカーファンは2人の復帰に胸躍らせた。

Internal Server Error

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)左からコ・ヨハン、コ・ミョンジン、パク・チュヨン、イ・チョンヨン、キ・ソンヨン

その2人だけでなく、韓国代表FWナ・サンホ(24・城南FC)も、Jリーグの舞台をしばし離れFC東京からのレンタル移籍でKリーグに復帰した。

夏の移籍市場で城南委加わったナ・サンホは今シーズン、19試合に出場して7ゴールを記録。第15節にはMVP及びベストイレブンに選ばれるなど、城南の攻撃をけん引した。

ナ・サンホと同じく、GKク・ソンユン(26・大邱FC)も北海道コンサドーレ札幌を離れKリーグに進出。蔚山現代に移籍したチョ・ヒョヌ(29)の穴を埋める安定的なパフォーマンスで、定位置確保に成功した。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)ナ・サンホ
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)ク・ソンユン

そのほか、全北現代モータースは中国移籍が破談したシン・ヒョンミン(34)を獲得。Kリーグ2(2部)では、大田ハナシチズンがドイツ2部ホルシュタイン・キールのソ・ヨンジェ(25)、水原FCがタイのブリーラム・ユナイテッドと契約解除したチョン・ジェヨン(30)を迎え入れた。

新進気鋭のルーキー続々登場

怖いもの知らずの新人の登場も、目を見張るものがあった。久保建英(19・ビジャレアル)やイ・ガンイン(19・バレンシア)2001年生まれの選手たちは、プロの舞台で即座に頭角を現した。

そのなかで真っ先にスタートを切ったのは、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードの名前をもじった“ホンシフォード”の別名を持つホン・シフ(19・城南FC)だ。

ホン・シフは元Jリーガーのキム・ナミル監督の信頼を得て、シーズン序盤から鋭い突破力を披露し、韓国サッカー界にその名を知らせた。

その後は負傷やU-19韓国代表への合流で出場機会が回ってこなかったが、最終節ではプロ初ゴールと初アシストを同時に記録する活躍で、チームをKリーグ1残留に導いた。さらには、第27節のMVPにも選出された。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)ホン・シフ(中央)

浦項スティーラースのコ・ヨンジュン(19)も、輝きを放ったルーキーの一人だ。

コ・ヨンジュンは、第15節の光州FC戦で劇的同点弾となるプロ初ゴールに成功。チームのKリーグ通算1800得点目という節目のスコアラーとなった。また、最終節では1ゴール1アシストの活躍を披露し、来シーズンのさらなる飛躍を予感させた。

また、FCソウルのチョン・ハンミン(19)も、チームが低迷を続ける状況ですい星のごとく登場。11試合2ゴールという記録で、チームの降格回避に貢献した。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)コ・ヨンジュン
チョン・ハンミン

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集