欧州遠征で新型コロナ感染者が…サッカー韓国代表に暗雲

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨーロッパ遠征を通じて1年ぶりに国際Aマッチに挑む予定のサッカー韓国代表に新型コロナ感染確定者が発生し、暗雲が立ち込めている。

韓国代表は11月9日、Kリーガーら先発隊が先にオーストリアのウィーンへ向かい、ソン・フンミンら欧州組が現地で合流し、11日からトレーニングを開始していた。

ベストメンバーが揃ったのは2019年11月にアブダビで行ったブラジル戦以来1年ぶりのことで、11月15日5時(日本時間)にメキシコ代表と対戦する。

【関連】クラブで好調のソン・フンミンは輝けるか、韓国代表が約1年ぶりの国際試合へ

しかし青天の霹靂のようなニュースが伝わった。

(写真提供=KFA)パウロ・ベント監督

韓国代表は招集直前にもチーム全員がコロナ検査を実施していた。その結果、左サイドバックのキム・ジンス(アル・ナスル)だけが陽性判定を受け、残りは陰性判定を受けてオーストリアに向かったが、 結果的に赤信号が灯った。

KFAは11月14日午前3時頃、オーストリア現地にいるスタッフから5人の陽性判定のニュースを聞いたという。現地時間では13日金曜日の夕方の時間帯だった。

メキシコ戦を2日後に控えた時点でKFAは迅速な後続措置を考慮しているが、簡単ではない。 イ・ジフンKFA広報チーム長は「金曜日の夜なので、現地の役所などと連絡がとれていない。オーストリア防疫当局と今後の措置について話し合いたい」としている。FIFAも、Aマッチなどは開催地防疫当局との協議を指針としている。

KFAは陽性判定を受けた4人の選手たちの所属チームに関連事実を報告している。また、現地時間で14日午前8時、陰性判定を受けた選手全員を対象にPCR再検査を実施することにした。再検査の結果は同日夕方、韓国時間では午前0時近くになってから出るものとみられる。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集