「結果よりコロナに感染しないことが目標」ACL臨む韓国Kリーグ勢、“超緊張状態”でカタール入り

2020年11月18日 サッカー #ACL
このエントリーをはてなブックマークに追加

現状では結果よりも健康が重要だ。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の舞台に臨む韓国Kリーグ勢は、“感染防止”を最優先に定めた。

【注目】元Jリーガーが今季ACLヤングスター候補に

カタールで再開されるACLを前に、全北現代モータース、蔚山現代、水原三星ブルーウィングス、FCソウルのKリーグ勢4チームがそろって出国した。

全北現代は11月15日、蔚山現代は16日にドーハ行きの飛行機に搭乗。水原三星とソウルも17日に韓国を離れた。

(写真提供=全北現代)

出場4チームそれぞれのモチベーションは?

グループEのソウルは、21日の北京国安戦を皮切りに計5試合を戦う。同日、FC東京と同組のグループFの蔚山現代は、チェ・ガンヒ監督率いる上海申花と対戦する。

グループGの水原三星は、ジョホールダルル・タクジム(マレーシア)の棄権が決定したため、広州恒大と2試合、ヴィッセル神戸と1試合ずつ行う。

横浜F・マリノスと同じグループH所属の全北現代は、22日の上海上港戦から計4試合を戦う。

Kリーグから出場する4チームはいずれもモチベーションが高い。

全北現代に2つのトロフィーを奪われた蔚山現代も、ACLで巻き返しを図る。国内では失意のシーズンに終わったが、ACLで8年ぶり優勝を果たせればメンツを保てるだろう。

“名門再建”を来シーズンの目標に掲げる水原三星とソウルも同じだ。KリーグでそろってファイナルB(下位グループ)に転落した両チームは、ACLを通じて新たな可能性を証明しなければならない。

「成績が良くなくても…」

ただ、現在の雰囲気では「新型コロナに感染しないことが最も重要」というのが関係者たちの考えだ。

ACLに出場するとあるクラブの関係者は、「実際のところ、健康な状態で戻ってくることが成績よりも重要だ。選手内で感染者が出るとすべてが複雑になる。成績は良くなくても、無事に大会を終えてほしい」と話した。

すでに韓国代表内で複数選手の感染が発覚しているだけに、緊張感がより高まっている。代表メンバーにはAマッチ終了後にACLに合流する選手もいるため、現地での防疫と感染予防に神経を使わなければならない。

別のクラブ関係者は「外部との統制を徹底的に行い、接触を避けなければならない。選手たちも警戒心を持っている。もし陽性反応が出てしまえば、隔離の問題まで生じてしまう。選手たち自身も気を使うだろう」と述べた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集