米国女子ツアーでも名前に“数字”入り!! イ・ジョンウン6のデビュー戦を占う

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国女子ツアー賞金女王のイ・ジョンウン6が、米国女子ツアーでも“数字”がついた名前をそのまま使用する。アメリカでも“ホットシックス熱風”を巻き起こせるか、関心が集まる。

Internal Server Error

イ・ジョンウンは主催者側とのインタビューを通じて、「雰囲気も環境も異なるため、韓国女子ツアーのような活躍をするのは難しいだろう」と謙遜した。

イ・ジョンウンは韓国女子ツアーで3シーズンにかけて、一度も予選落ちしたことがない。韓国で6勝をあげ、賞金女王と平均ストロークを2年連続で達成するなど、圧倒的な成績を残した。米国女子ツアー5シーズン連続となる、韓国人の新人王になると予想される理由だ。

彼女は「コースも不慣れでキャディも変わった。冬季トレーニングの成果をチェックするイメージで、デビュー戦に臨むつもりだ。すべての大会で予選突破することが目標」と話した。

イ・ジョンウン6

イ・ジョンウンと親しい友人でもあるコ・ジンヨンも、同大会に出場する。コ・ジンヨンはディフェンディングチャンピオンとして、オーストラリアのカリー・ウェブなどとラウンドする。

コ・ジンヨンは昨年の同大会で米国女子ツアーデビューを果たし、1951年のビバリー・ハンソン以来67年ぶり、史上2人目となるデビュー戦優勝の記録を樹立。その勢いに乗って、米国女子ツアー新人王にまで輝いている。

“錐(きり)アイアン”と呼ばれる鋭いショットが武器であるコ・ジンヨンにとって、強い風を克服しなければならないオーストラリアの特性はプラスに働くと思われ、大会連覇にも期待できる。

コ・ジンヨン

韓国女子ゴルファーと相性がいい?

韓国人選手にとってオーストラリアは、“約束の地”だ。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集