野球やサッカーの韓国代表メンバーを監督が決められなくなる? 選考基準「厳格」に

2019年11月28日 スポーツ一般 #兵役
このエントリーをはてなブックマークに追加

プレミア12で2度も日本と対戦し、決勝で敗れた韓国代表。

第一目標としていた東京五輪出場権は獲得したが、台湾戦で0-7の完敗を喫し、日本に8-10の敗北、そして決勝でも3-5の逆転負けで終わったこともあって、帰国したその表情には笑顔はなかったという。

ただ、帰国の様子を現地で取材した『スポーツソウル』野球担当記者によると、多くの選手が来年の東京五輪での雪辱を誓っていたという。

【関連】「次は侍ジャパンに勝てる!!」韓国代表が語った日本リベンジへの必須条件とは?

日本との試合でタイムリーを打ったカン・ベクホは「もっと良い雰囲気を作りながら試合したら日本に勝てると思う」と語り、決勝の日本戦でソロホームランを打ったキム・ヒョンスは「来年は借りを返す」とキッパリ。

コンディションの低下で日本戦に登板しなかった左腕投手キム・グァンヒョンも、「日本は体力に優れた若い選手たちがたくさん出ていた」としつつ、「来年は東京五輪キッズたちが韓国からたくさん出るよう努力すべきだ」と語っていたらしい。

プレミア12から帰国直後の野球韓国代表

とはいえ来年の東京五輪に挑む野球韓国代表のチーム編成は、選手はもちろん、監督の思う通りにもならないかもしれない。

東京五輪や野球だけではない。今後、オリンピックやアジア大会に挑むサッカー韓国代表の顔ぶれも、監督の一存だけでは決められなくなるかもしれない。

というのも11月21日、韓国では李洛淵(イ・ナクヨン)首相を中心に第94回国政懸案点検調整会議で「兵役代替服務の改善策」が審議され、体育要員制度の維持が確定した。

韓国では成人男子に兵役が義務付けられているが、スポーツ選手の場合、オリンピックのメダリスト(つまり1~3位以内)やアジア大会優勝など、国際大会で一定の成果を上げれば、4~5週間の軍事基礎訓練後、最低でも34カ月は自身の特技分野(つまり専攻種目)で活動することが兵役とみなされる。

Internal Server Error

新たに加えられた条件とは?

ただ、新たに2つの条件が加えられた。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集