女優イ・ミンジョン主演の“ドタバタ離婚劇”『一度行ってきました』30%超えなるか

2020年04月15日 テレビ #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国KBS2ドラマ『一度行ってきました』(原題)が、初回放送から3週目で視聴率29.6%の自己最高記録を更新し、熱い反応を示した。

回を重ねるごとにいい味を出す登場人物のやりとりが、視聴者にとって見どころ満載となっている。

【注目】“激辛”不倫ドラマ『夫婦の世界』視聴率上昇が止まらず「毎回が最終回」

主人公夫婦のソン・ナヒ(演者イ・ミンジョン)とユン・ギュジン(演者イ・サンヨプ)は、お互いを憎まないため結婚生活に終止符を打つ。

離婚したことを周囲に打ち明けられなかった2人は「契約同居」に切り替えるのだが、同居生活が続くにつれ、以前より絆を深める様子が視聴者の笑いを誘っている。

“元夫婦”ならではの2人のやりとりは、彼らの面白おかしい恋愛時代と新婚生活を推測させる。

スピーディな展開としっかりした物語、繊細な演出、俳優らの熱演で大反響の『一度行ってきました』が、視聴率30%を超えられるかどうか、注目が集まる。

『一度行ってきました』は、韓国KBS2にて毎週土・日曜よる7時55分から放送中。

(写真=KBS2)ドラマ『一度行ってきました』キービジュアル

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集