本田圭佑のシュートも止めた!! 大邱FCのACL初勝利に貢献した“隠れた英雄”とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

大邱が韓国FAカップを優勝してACL出場権を手にしたが、彼はより大きな舞台でプレーすることを希望した。しかし冬の移籍市場を通じて海外行きが実現できず、大邱に残留し、アジアの舞台に初めて立つことになった。

【関連】欧州か、Jリーグか、残留か。GKチョ・ヒョヌの本心を直撃!!

チョ・ヒョヌは昨年12月、アジアカップを控えた韓国代表に選出され、今年1月末のアジアカップを終えて帰国したが、パスポート発給の問題により、大邱の中国合宿に参加していなかった。

それでも大邱で7年目となるチョ・ヒョヌには、合宿の空白は大きな問題ではなかった。

チョ・ヒョヌは3月1日のKリーグ開幕戦(全北現代と1-1の引き分け)に続き、今回のメルボルンとの対戦でも実力を発揮した。相手FW陣の鋭いシュートを何度も全身で受け止めて、大邱の上昇を導いている。

前へ

2 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集