バレーW杯日本戦でも活躍したイ・ジェヨンが“封鎖”され、興国生命が完敗…韓国Vリーグ女子

このエントリーをはてなブックマークに追加

エースが機能しなければ苦戦となるのはすべてのチームで同じだが、興国生命ピンクスパイダーズの場合、さらにダメージが大きいのが現実だ。

興国生命は10月22日、ソウルの奨忠(チャンチュク)体育館で行われたGSカルテックスとのVリーグ女子の試合で、セットスコア0-3の完敗を喫した。

【関連】“美人双子姉妹”やキム・ヨンギョンはいくら稼ぐ? 韓国Vリーグ「お金の話」

エースであるイ・ジェヨンが14得点にとどまり、難しい試合となった。他の選手が1試合14得点を記録すれば活躍できなかったとはいい難いが、主人公がイ・ジェヨンとなると話が違ってくる。

イ・ジェヨンは昨シーズン、興国生命の統合優勝を導いた主役であり、正規リーグとチャンピオン決定戦の両方でMVPを受賞した。名実ともにVリーグ女子のトップクラスの選手となったイ・ジェヨンに対する期待は大きい。

実際に開幕戦でもイ・ジェヨンは33得点を記録し、大活躍を見せた。アタック決定率も58.49%に達した。

しかしGSカルテックスとの試合は違った。

イ・ジェヨンのアタック決定率は、開幕戦の半分程度である26.67%に過ぎなかった。攻撃シェアが34.35%と最も高いイ・ジェヨンの得点が伸びなかったことで、興国生命は苦戦するしかなかった。

“イ・ジェヨン封鎖”に集中するとした。

(写真提供=韓国バレーボール連盟)興国生命ピンクスパイダーズ対GSカルテックス

実際にGSカルテックスは、ブロッカーがイ・ジェヨンを徹底マークして苦しめた。センターの速攻や逆サイドの攻撃をあきらめても、イ・ジェヨン1人だけは防ぐという意思で守備した。サーブもイ・ジェヨンを狙った。

作戦は的中し、GSカルテックスは1セットも落とすことなく勝利した。チャ監督は「守備がしっかりしていた。中央が心強かった」と満足感を表わした。

興国生命のパク・ミヒ監督の悩みは深まるしかない。

まだシーズン序盤にもかかわらず、イ・ジェヨンが捕まる試合をしたため、今後は他のチームもGSカルテックスが選んだ戦略で試合に臨む可能性が高いからだ。

パク監督は「話をしてみないとわからないが、毎回良いコンディションで上手くいくわけではない。考えをもっとしなければならないようだ」と、悩みに陥った様子だった。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集